新しい補助金が始まります。

2023年(令和5年)から、新しい補助金制度「住宅の断熱性向上のための先進的設備導入促進事業(経済産業省・環境省)」と「こどもエコ住まい支援事業(国土交通省)」が始まります。それぞれの詳細は下部にリンクを貼り付けておりますのでそちらを参照ください。

簡単に説明すると、今回の大きな特徴として、今までできなかった補助金の併用が可能となっており、窓の断熱リフォームをする際に、なんと最大で260万円の補助が可能となります。

 

 

窓の断熱リフォームにはメリットがいっぱい!

「窓の断熱リフォームってどうなの?」そう思った方も少なくないかと思います。実は、窓は熱の出入りが最も多く、外気の影響を受けやすいと言われています。屋根や壁に比べるとその差は一目瞭然。冬には暖めた室内の熱が逃げて行き、夏には暑い熱が入ってきます。

 

※出典:日本建材・住宅設備産業アド断熱協会 省エネルギー建材普及促進センター「省エネ建材で、快適な家、健康な家」

窓の性能を上げることで、夏の熱気や冬の冷気を遮断するだけでなく、温度差による結露の発生を防ぐことで、カビやアレルギー対策にもつながります。さらには、室内の温度が窓から逃げないので、冷暖房費用の節約にもなるんです。

 

 

ありえの家の窓断熱リフォームをご紹介

壁より断熱!?「複層ガラス」

その名の通り複数のガラスから構成され、ガラスとガラスの間に熱伝導性の低いガスが封入されているため、高い断熱性能を発揮すると同時に、高気密による遮音性で屋外の騒音を遮断する効果もあります。

 

 

 

断熱性能が約2.6倍にUP!?「樹脂サッシ」

ご家庭のサッシの材質をご確認ください。一般的にはアルミ製サッシが普及しており、冬になるとキンキンに冷えていたりしますよね。樹脂サッシはサッシ自体の熱伝導率の低さが特徴で、アルミの約1,000分の1しか熱を通しません。さらに、フレーム内部に断熱材を充填した超高性能なサッシの施工も承っております。

 

取扱メーカー:EXCEL SHANON、LIXIL、YKKap

 

長くなりましたが、窓の断熱リフォームは最も人気で効果も高いため、このタイミングでリフォームを検討される方も多いかと思われます。それゆえに、正しい素材選び・業者選びが非常に重要です。「ありえの家」は断熱に特化した工務店だからこそ、最適なプランを最適な価格でご提案致します。この機会に是非ご相談ください。

 

補助金制度の詳細」

●住宅の断熱性向上のための先進的設備導入促進事業
補助額上限:200万円
公募期間:2023年3月下旬~12月31日
https://www.env.go.jp/content/000086099.pdf

 

●こどもエコ住まい支援事業
補助額上限:60万円
公募期間:2023年3月下旬~12月31日
https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/content/001574318.pdf

 

「給湯器の補助金もご活用いただけます。」

●高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業
補助額上限:15万円
公募期間:未発表
https://www.env.go.jp/content/000086002.pdf